iPhone

[画像解説]お洒落!好きな画像をiPhone壁紙にする設定方法

今、日本ではiPhoneが大人気。

周りを見渡せば半数以上がiPhoneユーザーです。

 

みんなが使っているiPhoneだからこそ、待ち受け画面にあたるロック画面やホーム画面は自分の好きな画像を壁紙に設定してカスタマイズしたいものです。

背景の設定方法はとても簡単なので、今回紹介する設定手順で壁紙を変更して自分仕様のiPhoneに変身させましょう!

 

自分の好きな画像をロック画面やホーム画面の壁紙として設定しておくだけで、iPhoneを開くのがより楽しくなるはずです。

今回は、iPhoneで自分の好きな画像を背景・壁紙に設定する方法を、画像付きで解説していきます。

 

 

 

iPhoneに好きな壁紙画像を保存する

まず、iPhoneに最初から設定されているデフォルト(初期状態)の壁紙を除き、壁紙にしたい画像を一旦iPhoneに保存する必要があります。

ここで「一旦」は画像を保存する必要がありますが、一度壁紙に設定してしまえば、壁紙を替えない限りは、壁紙設定後にiPhoneから画像を削除しても背景設定が保持されます。

 

もちろん、自分で撮影した写真を設定することもできますし、インターネット上のサイトからダウンロード・保存した画像を待ち受け画面の壁紙として設定することができます。

 

ネット上の壁紙画像を保存する方法

iPhoneでインターネット上のWebサイトを閲覧する際には、SafariやGoogle Chromeなどのインターネットブラウザでサイトを表示します。

基本的に、Safariを使用している場合でもGoogle Chromeの場合でも、ネット上の壁紙画像を保存する手順は同じです。

【壁紙画像の保存方法】
1.保存したい画像を長押しする
2.「イメージを保存」をタップ
  

とても単純ですね。

「イメージを保存」をタップしても「保存しました」などの表示は出ません。

iPhoneデフォルトアプリの「写真」アプリを開くと、一番下(最新の画像の位置)に画像が保存されているはずです。

「あれ?なにも起こらないぞ!?」と、何度も保存してしまうと、あとでアルバムを開いた時にものすごい数の同じ画像が保存されてしまっているかも…

保存後には、「写真」アプリを開いて写真が無事保存されているかどうか確認しましょう。

 

 

好きな画像を待ち受けに設定する

iPhoneに自分の好きな画像を保存したら、いよいよ背景・待ち受け壁紙に設定していきます。

ダウンロードした写真を閲覧できる「写真」アプリを開きます。

【壁紙設定手順】
1.好きな画像を表示した状態で左下のメニューを開く

2.「壁紙に設定」を選択

3.画像のサイズを調整する

4.「ロック中の画面に設定」「ホーム画面に設定」「両方に設定」から選ぶ

上記の手順が済んだら、iPhoneの壁紙に自分の好きな画像を設定する方法はすべて完了です。

 

iPhone壁紙のサイズ調整に注意

iPhoneの壁紙には、iPhone本体を上下左右に傾けた際に背景が動いて見える『視覚効果』や、1秒程度のアニメーション画像『Live写真』を設定することができます。

『視覚効果』は、あらかじめ画像を少々ズームして壁紙に設定することにより、上下左右に傾けた際に画像のはみ出して残った部分を奥行きとして表示する設定です。

これにより、iPhoneを傾けた際に背景のみ固定されて動いていないかのように見える仕組みです。

言葉では伝わりづらいので、ご自身で一度設定されてみると面白いでしょう。

 

さて、この『視覚効果』を設定するためには余白が必要になるため、壁紙を設定しようとした際、最初は大きめにズームされてプレビューが表示されます。

あなたが視覚効果を楽しみたいのであれば、画像の選択範囲を狭く設定することで、視覚効果が得られる設定にできます。

 

しかし、あなたが保存した画像を隅々まで背景に使いたい場合には、画像を最小まで小さくして設定する必要があります。

あなたの好きな画像の全体を壁紙に設定する場合には、視覚効果は諦めるしかありません。

 

特に、当サイトで過去に紹介した下記のiPhoneの時計や日付にピッタリと合う壁紙などは、iPhoneにピッタリの設計になっているため、視覚効果は得られません。

あわせて読みたい
車好きへ!かっこいいiPhoneぴったりのおしゃれロック画面壁紙iPhoneのロック画面を飾る壁紙は、他人からも見えるからこそオシャレでかっこいい壁紙や背景画像を選びたいですよね。 車好きな人は...

 

あなたが好きな画像をiPhoneの待ち受け画面・壁紙に設定する際に、画像全体表示と視覚効果のどちらを選ぶかによって、トリミングするサイズ感が変わってきます。

 

iPhone壁紙はロック・ホーム画面一枚ずつ

Androidの場合、待ち受け画面にあたるロック画面とホーム画面の壁紙を個別に設定できることはもちろんのこと、特定の機種やOSバージョンによっては、ホーム画面の1ページごとに異なる背景画像を設定することができました。

しかし、iPhoneの壁紙設定はロック画面に1枚、ホーム画面に1枚という設定のみです。

Appleらしい、iPhoneらしい、シンプルな構成ですね。

 

AndroidからiPhoneに乗り換えた方は、少々戸惑ってしまうかもしれませんが、1枚ずつしか設定できないからこそ、あなたの本当に好きな1枚を選んで自分好みの最高なiPhone壁紙を設定しましょう。

 

 

iPhoneにピッタリなシンプル壁紙

●ポップでおしゃれな車のiPhone壁紙

【ダウンロードはこちら】

※随時追加予定※
(お気軽にコメントにてご要望お寄せください)

 

 

【まとめ】好きな画像をiPhone壁紙に設定する方法

iPhoneはみんなが持っているからこそ、ケースや壁紙で個性を出したいところです。

自分の好きな画像を壁紙・背景に設定することで、あなたらしさ全開のiPhoneに様変わりさせてしまいましょう!

 

ロック画面やホーム画面は自分だけでなく他人からもよく見える画面なので、特にオシャレでセンスの良い画像を選びたいですね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

犬顔犬太